攻めの空き家対策!「提案型空き家対策」はこちら

空き家の相談事例

  • 隣に住んでいた一人暮らしの御婆さんが亡くなり10年以上放置されており、登記簿を調べたが相続登記もされていなくて、誰が相続人かわからない
  • 80代の両親が認知症になり施設に入れた。両親の自宅の管理はしているが、 認知症が進みこのまま自宅に戻ることもないと思われるので早急に売却したいがどうすればいいかわからない
  • 高齢施設に入居して、たまに掃除の為に自宅に通っていたが、 通うのが面倒になり自宅を売却したいがいい不動産屋を紹介してほしい
  • 賃主からの相談で借主が突然荷物を置いたまま行方不明になり、 片付けができないので、空き家のままだがどうすればいいのかわからない
  • 両親が、娘の為と思い家を建ててくれたが、仕事の都合でそこに住まなくなった。 たまに見に来ていたが、高齢になり施設に入り空き家は放置したままだがどうすればいいかわからない

空き家となる原因

個別的原因

未相続放置、高齢施設への転居、相続人がいない、仏壇や仏具など家財がおいてあるので片付けができない

認識の原因

空き家問題の認識の低さ、自宅を貸すことへの抵抗・管理をするという意識が低い

地理的原因

交通の便が非常に悪い、生活に不便、仕事都合で田舎の自宅が空き家になっている

経済的原因

取り壊し費用がない

地理的原因

接道義務の関係で立替不可、更地で固定資産税が6倍になる

近隣空き家の法的対応

  • 放置空き家に対する法的対応(ADR・民事調停・訴訟)
  • 放置空き家へ妨害予防請求・倒壊予防の請求
  • 隣人が隣家の草刈りをしていた場合、事務管理による費用償還請求
  • 損害の発生・不法行為による損害賠償請求・工作物責任の追求
  • 空き家の所有者の相続人が誰もいない→相続財産管理人
  • 空き家の所有者は分かったが住所が不明→不在者財産管理人
  • 相続登記ができていない→相続登記(不動産登記法)
  • 一人暮らし高齢者への空き家予防→成年後見制度の活用・財産管理等

「提案型空き家対策」のご相談にのります!

空き家を少額の費用でリニューアルし、民泊や間貸し,地域のコミュニティスペースに利活用するというアイデアもあります。

持て余している「空き家」を生まれ変わらせることができるかも。
ぜひご相談ください。

新聞に掲載されました