日本の空き家と出生数の推移

日本の空き家と出生数の現状 日本は、子供の数が減少していることは、皆さんご承知のとおりです。

なんでこんなに減少しているのでしょうか? 疑問に思いませんか? 空き家と出生数は関係あるのですか?

  • 1949年の出生数 270万人
  • 1971年の出生数 210万人
  • 2015年の出生数 100万人
  • 2016年の出生数  97万人
  • 2017年の出生数  94万人
  • 2018年の出生数  92万人
  • 2019年の出生数  87万人

子供は何で増えないのでしょう。

色んな意見があると思いますが,国も積極的に法律をもって支援しています。

子育て3法が成立していますが(子供・子育て支援法)どこまで実効性があるのだろう。

考えられるのが  婚姻適齢男女のライフスタイルの変化、晩婚化、経済的貧困、離婚で片親世代による収入の減少で子供の貧困化、経済格差、結婚意欲の低下、女子の高学歴化等が考えられますね。

一方で全国的の空き家は、5年前に比べて846万戸と26万戸も増え続けています。

そこで、国が考えたのが空き家の利活用の方法として住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律でした。県内では居住支援法人は10件が加入しています。

しかし、大家さんは、一人暮らし老人が入居することを嫌がります。なぜか、孤独死の問題です。これは成年後見制度で解決できます。

次に、子育て世代では子供の泣き声です。

LGBTでは大家さんとしては何をする人なのかよく素性わからないからなのでしょう。

その他、結婚して3年以内の間がない人もはいります。

詳しくは公益社団法人かながわ住まいまちづくり協会に聞いてください。

Follow me!