相続・遺言

相続・遺言

HOME > 相続・遺言
相続・遺言は残された家族のために必要です
  • 相続・遺言は残された家族のために必要です

    相続・遺言は残された家族のために必要です

    マンションや戸建の普及に伴い、財産として不動産をお持ちの方は増えてきております。しかし人間にとって老いや死は避けることができません。せっかくの不動産を後の世代、残された家族へ残すために、生きている間の対策としての遺言、死後の事務としての相続登記等を検討してみませんか?

  • 相続について

    相続について

    人が亡くなると相続が発生します。対象財産は動産・不動産(土地・建物)や預貯金等の債権や債務など多岐に渡ります。
    相続手続きはどうしても人の死とワンセットになっているため、特に大切な方の死をまの当たりにした家族にとってはこの手続きは煩雑で困難なものと予想されます。
    こういった事情を踏まえ、相続手続きについて当事務所では最初の事情聴取が大切だと考え、少しでも残された御家族様の手間にならないよう綿密な打ち合わせ及び迅速な対応を心掛けております。

  • 相続財産よりも債務(借金)が多い場合には・・

    亡くなられた方の財産よりも借金が多い場合等の理由で相続したくない場合は、相続放棄をすることによって、相続人たる地位を免れて財産を相続しないかわりに債務も免れることができます。逆に言うと期限(=自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内・・民法915条)までにこれをしないと債権・債務の単純承認ということで、後々債権者から債権の取り立てがあった場合は支払わなければなりません。当事務所ではこの手続きを行うことも可能ですので心当たりのある方は早目に申し出ください。

    ※なお3カ月の期限が過ぎてしまった(と思われる)場合にも、ケースによっては相続放棄することが可能です。この場合は細かな打ち合わせが必要ですのでご相談ください。

  • 遺言について

    遺言について

    相続は昔から「争族」とも言われるように、(もちろんすべてではありませんが)死後の相続争いは枚挙にいとまがありません。
    こういった争いを少しでも減らす一助になるよう、当事務所では遺言書の作成についての各種相談・アドバイス・公正証書遺言のお手伝いを行っております。
    特に公正証書遺言は検認手続(=裁判所における遺言の要式等の確認手続き)が不要なため、故人の財産を迅速に処理できるという点で近年利用される方も増えておりますし、当事務所でも豊富な経験と知識で皆様のサポートをすることが可能です。